作成者別アーカイブ: tensyoku

書類選考に落ちるのは書類がNGということ

tensyoku

書類選考で落ち続けると、誰でも理由を考えるものです。第二新卒者など若い人からは、よく「出身校がいけないのか?」といった声も聞きます。

けれど即戦力が重視されている中途採用では、そうした理由で落ち続けることはめったにありません。

まして、少しでも会社選びを心がけている場合は、なおさらです。

実際のところ、同じ職種の同じ応募条件の求人募集でも、求める人材は会社ごとに違うもの。

つまるところ採用・不採用はマッチング次第です。

もしも応募書類に不備がなければ、たとえ出身校のせいでA社・B社に落ちたとしても、人材戦略やほしい人のイメージの違うC社では歓迎されることもあるのが中途採用の特色といえます。

それなのに落ち続けるのはなぜか?「書類選考」とは、文字どおり書類対象の選考。

その結果が不採用であったのは、求人企業がその書類にそダメ出しタをしているからです。

ところが、落とされた場合に大半の人がやっている危険な行為があります。こちらについては次回のコラムでご案内します。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard

自分で気づかない隠れた減点要素に注意しよう

tensyoku

転職関連のサイトや情報誌には、選考で不利となる事項を伝える一般論が多くあります。

「正社員経験がないと帰属意識を疑われる」「技術者の職業寿命は35歳まで」「育児と両立中の女性は急な欠勤をしがち」など、数えあげればきりがありません。

実際に不利になるかどうかは、ケースバイケース。それらの一般論をうのみにする必要はありませんが、「カバー対策が必要な事項の指摘」として受け止めて書類に反映することを心がけてください。

怖いのは隠れた減点対象です。気づかなければ、何回でも同じことを書いてしまうでしょう。

たとえば、よくあるのが前項でも触れたオーバースペック。華々しい社内表彰を列記するなど、求人企業の想定を超す実力と貢献度の高さを示した応募者が「当社の業務内容や給与で満足できるだろうか?」などと敬遠される例は少なくありません。

難関資格の所持も志望分野との関連が薄いと勤続への懸念を生じがちです。

くれぐれも留意したいのは、減点対象となりがちな記述を放置しないこと。

中途採用の選考における現実や応募先企業のニーズなど、十分な情報収集を行ったうえで、冒頭の転職希望者のように自分の書類に選考評価のうえで不利になる記述がないかどうかをチェックしてみることをおすすめします。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard

不利な事柄については必ずカバーしておこう

tensyoku

ある転職希望者から不採用になった原因について「転職がはじめてのせいだろうか?」と尋ねられたことがあります。

ご承知のように、何回も転職を繰り返している応募者は勤続への危倶を持たれがち。その逆の状況ですが、これは年齢次第でしょう。

採用選考のチェックは非常に多面的。30代も後半を過ぎた初転職の応募者に対し、採用担当者は「外の世界の常識を知らないのでは?」「競争にさらされておらずストレスに弱
いのでは?」「実務経験の範囲が限定的なのでは?」「新しい職場に溶け込みにくいのでは?」といった懸念を抱くことがあります。

また前の職場が大手企業で、応募先企業との職場環境や待遇格差が大きい場合にも、似たような捉え方をされる例が少なくありません。

当然ですが、自分の書類の記述内容に、そうしたマイナス評価の対象になりがちな事柄があれば、あらかじめ同じ書類にカバー情報を加えておくことが書類作成の基本です。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard