選ばれる理由を示して「その他大勢」から抜け出そう

tensyoku

よくある「応募条件を満たしているのに落とされた」という嘆きには、こうしたライバルの実態に対する認識の甘さがあるように感じます。

言うまでもないことですが、採用されるためには似たような大勢のライバルに勝ち抜く必要があるのです。

求人広告の応募条件に合わせて記述内容をまとめることは不可欠ですが、実際のところは、それだけで群を抜くのはなかなかむずかしいもの。

応募条件よりも経験年数が多少長い、TOEICの点数が多少高いといった程度では強みにはならず、それこそドングリの背比ベです。

一方、実力レベルが高ければOKというものでもありません。

応募条件を過剰に上回る実力者は、「オーバースペック」として敬遠されることもあるからです。

おすすめしたいのは「業界経験があり出入金のしくみや流れがわかる」など、大勢のライバルとは違うプラスαの強みを示すこと。

採用担当者に「この応募者を選ぶ理由」として情報を提供するのが目的です。

自分の職歴や経験のなかからプラスαを見つけてください。

記述方法も重要です。

採用担当者がひと目でわかるように自己PRとしてまとめるなど、工夫しましょう。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard