転職問い合わせ電話の注意ポイント

tensyoku

応募連絡や問い合わせの求人企業への電話で、実は採用選考がスタートしています。

相手が電話に出た瞬間から、社会人としての常識や業務適性、入社意欲までチェックされてしまうことを知っておきましょう。

1.手元に用意しておくもの

求人広告、カレンダーや手帳、履歴書(下書きで可)、地図

2.静かな場所からかける

時間帯にも注意。「○○新聞で求人広告を拝見した○山○男と申します」など必ず名乗ること。

また採用担当者が不在なら「改めてかけ直しますが、何時ごろおかけすればよろしいでしょうか?」などと尋ねておくと効率的。

3.電話の相手が採用担当者に代わった場合は、再び募集を知った媒体名とフルネームを名乗ってあいさつ

次いで「○○の募集に応募したい」と応募意思を示す。そのうえで問い合わせ。

応募に当たって簡単な職歴や志望動機、所持資格などを聞かれることが多い。返答次第では応募を断られるケースもあるので慎重に。

4.切り出し方

いきなり尋ねるのはNG。まず質問を受けつけてもらえるかを聞き、「どんなことですか?」などと言われてから。

仕事内容の質問は割合スムーズに答えてもらえるが「どんな仕事ですか?」では、あまりに幼稚。主業務や気になる点などを具体的に尋ねると具体的な回答がもらえる。

回答を聞いて応募をやめるときは、「残念だが自分の志望とは違い、辞退せざるを得ない」と伝えたほうがよい。

対応のお礼を述べるのも礼儀。

5.指定された日時の都合が悪い場合は「外せない用事があり」などと理由を告げるのも礼儀

また、ただ「都合が悪い」ではなく、「午後か翌日の午前では?」など都合のよい日時を提案する。

6.日時は必ず復唱

また面接会場の確認も忘れずに。所在地を事前に地図で調べ、わかりにくい場合は駅や目印などを聞くのもOK。

7.対応してくれた担当者の名前も「失礼ですが」と尋ねて確認、面接日時調整のお礼も忘れずに

最後の言葉を述べた後、「失礼します」などと言って静かに受話器を置く。

現役転職コンサルタント