書類選考に落ちるのは書類がNGということ

tensyoku

書類選考で落ち続けると、誰でも理由を考えるものです。第二新卒者など若い人からは、よく「出身校がいけないのか?」といった声も聞きます。

けれど即戦力が重視されている中途採用では、そうした理由で落ち続けることはめったにありません。

まして、少しでも会社選びを心がけている場合は、なおさらです。

実際のところ、同じ職種の同じ応募条件の求人募集でも、求める人材は会社ごとに違うもの。

つまるところ採用・不採用はマッチング次第です。

もしも応募書類に不備がなければ、たとえ出身校のせいでA社・B社に落ちたとしても、人材戦略やほしい人のイメージの違うC社では歓迎されることもあるのが中途採用の特色といえます。

それなのに落ち続けるのはなぜか?「書類選考」とは、文字どおり書類対象の選考。

その結果が不採用であったのは、求人企業がその書類にそダメ出しタをしているからです。

ところが、落とされた場合に大半の人がやっている危険な行為があります。こちらについては次回のコラムでご案内します。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard