書類を丹念に読んでもらえると思うのは間違い

tensyoku

採用担当者は、すべての書類を読み込むわけではありません。

とくに応募倍率が高い場合は選考スケジュールとの兼ね合いもあり、個々の応募者の書類にじっくりと目を通すことは困難なのです。

よく行われているのは、まず第一印象による予選。

その後、残った書類について、応募条件と照らした内容の確認、また主要な選考基準の拾い読みなどによる何段階かの選抜を行って一定数まで絞る方法です。

そんな選抜過程を経てから、やっと内容を詳しくチェックされ、「この応募者に会いたい」となるわけです。

よくあるのは、ていねいな字できれいに書かれていても、内容を一読すると、履歴書は用紙の記入見本のような記述だけ、職務経歴書はその職歴欄の繰り返しといった例。

採用担当者は応募書類に書かれた内容でしか応募者を判断できないため、選考評価に必要な情報が乏しいと選抜段階で落とされてしまいます。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard