採用側の真剣さにそぐわない書類はNG

tensyoku

中途採用のミスは、小さな会社の経営に少なからずダメージを与えることもめずらしくありません。

また大きな会社の場合も、採用担当者の責任問題に発展しがち。

応募書類は、そのような採用現場の空気のなかでチェックされています。

まずは、その気構えや真剣さを真っ向から受け止められる書類かどうかが重要になるのです。

たとえば修正液による誤字訂正や写真の貼り方など、選考評価の本質とは思いにくい、さまつな事柄であっても、それが原因で「手抜き書類による気軽な応募」「不まじめな冷やかし応募」といった印象を与えれば致命傷になります。

これは面接で、5分遅刻したり服装や言葉づかいが悪かったりして、第一印象で不採用になるのと同じこと。

落とされる応募書類のうち、かなりの割合のものが、じっくり内容を読まれることなく第一印象で予選落ちしているという事実を知っておきましょう。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard