問い合わせは応募のチャンスを広げる

tensyoku

応募先を探す段階で、よく悩みのタネとされているのが、求人広告に記された「応募条件」でしょう。

せっかく自分の希望条件に合う会社を見つけても、要求された条件を満たせないので応募できないといった声をよく聞きます。

あきらめてしまえば、それまで。けれど応募条件は、職業に必須の免許・資格を除けば必ずしも絶対条件ではないものも多数。

たとえば「実務経験3年以上」といった応募条件の真意は、年数ではありません。

求人企業としては、それに相応する熟達したスキルを求めているのです。

年数と経験値が必ずしもイコールではないと承知したうえで、便宜的な目安として経験年数が示されたと捉えてください。

応募条件を満たさずとも、それに相応するカバーできるものがある人なら、選考対象として受け入れてくれる採用担当者ばめずらしくありません。

応募倍率が膨らむ昨今は、複数の応募条件が設けられることが普通。

チャンスを広げるためには、ぜひとも問い合わせをおすすめします。

問い合わせは、求人広告の不明点を確認するうえでも役立ちます。とくに具体的な仕事内容、取り扱う商品の分野や傾向、入社日までの猶予期間などは回答をもらいやすい問い合わせ項目です。

また、よくある「再応募者は選考外」など、暗黙の選抜項目なども確認したいことのひとつ。

ムダ撃ちを防ぐ手段としても、問い合わせを活用しましょう。

なお、注意したいのが問い合わせのメールや電話でのマナーです。多忙な採用担当者は、決して問い合わせを歓迎しているわけではありません。

そこに配慮する慎重さがないと、せっかく開きかけた扉も閉じられてしまいます。

とくに最近は、転職活動でEメールを使う場面が増えているので、基本を再体認しておくとよいでしょう。また電話による問い合わせも、それが応募者としての第一印象を決めてしまうもの。

求人企業へのファーストーコンタクトは、よくも悪くも以降の選考に影響を与えることを十分に認識しておくことが大切です。

現役転職コンサルタント