伝えるべき情報が一見してわかることが重要

tensyoku

さらに多いのは、本人は詳しく記述したつもりのダラダラ書きといった例です。

とくに複数の職歴を持つ応募者の場合は、職務経歴書が何枚にもなりがち。

転職の経緯や経験業務の内容、また勤務姿勢などを切々とつづった自分史のようなものも目立ちます。

隅から隅まで時間をかけて読めば、必要な情報は記述されているのかもしれません。けれど、採用担当者は多忙。一見して知りたい情報が見つからなければ、記述されていない書類と同じように選抜段階ではねられてしまいます。

合格する応募書類作成のために重要な基本は2つ。

第一に、応募先の選考評価の材料となる情報をきちんと提供すること。

また第二に、選抜段階での拾い読みでも、その情報が採用担当者にわかりやすく読みやすく記述されていることです。

どんなに長いキャリアを持つ転職希望者でも、職務経歴書は原則l枚にまとめることをおすすめします。

これは、最初の1枚で選考材料となる情報全体を見せることが目的。たとえば、自分が携わった多数のプロジェクトや研究成果などを具体的に示したい場合は、l枚目にほかの重要事項とともに、その存在と概要のみを記し、2枚目以降にリストをつけるなど、見せ方の工夫ができれば枚数は問題ではありません。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard