不利な事柄については必ずカバーしておこう

tensyoku

ある転職希望者から不採用になった原因について「転職がはじめてのせいだろうか?」と尋ねられたことがあります。

ご承知のように、何回も転職を繰り返している応募者は勤続への危倶を持たれがち。その逆の状況ですが、これは年齢次第でしょう。

採用選考のチェックは非常に多面的。30代も後半を過ぎた初転職の応募者に対し、採用担当者は「外の世界の常識を知らないのでは?」「競争にさらされておらずストレスに弱
いのでは?」「実務経験の範囲が限定的なのでは?」「新しい職場に溶け込みにくいのでは?」といった懸念を抱くことがあります。

また前の職場が大手企業で、応募先企業との職場環境や待遇格差が大きい場合にも、似たような捉え方をされる例が少なくありません。

当然ですが、自分の書類の記述内容に、そうしたマイナス評価の対象になりがちな事柄があれば、あらかじめ同じ書類にカバー情報を加えておくことが書類作成の基本です。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard