おすすめ投稿

はじめに

tensyoku

転職が当たり前の時代になりましたが、それでも転職の選考を突破するのは簡単なことではありません。

こちらのサイトでは転職選考を突破するためのさまざまなテクニックをご紹介したいと思います。

現役転職コンサルタント

[お役立ちサイト] エグゼクティブの転職なら

不利な事柄については必ずカバーしておこう

tensyoku

ある転職希望者から不採用になった原因について「転職がはじめてのせいだろうか?」と尋ねられたことがあります。

ご承知のように、何回も転職を繰り返している応募者は勤続への危倶を持たれがち。その逆の状況ですが、これは年齢次第でしょう。

採用選考のチェックは非常に多面的。30代も後半を過ぎた初転職の応募者に対し、採用担当者は「外の世界の常識を知らないのでは?」「競争にさらされておらずストレスに弱
いのでは?」「実務経験の範囲が限定的なのでは?」「新しい職場に溶け込みにくいのでは?」といった懸念を抱くことがあります。

また前の職場が大手企業で、応募先企業との職場環境や待遇格差が大きい場合にも、似たような捉え方をされる例が少なくありません。

当然ですが、自分の書類の記述内容に、そうしたマイナス評価の対象になりがちな事柄があれば、あらかじめ同じ書類にカバー情報を加えておくことが書類作成の基本です。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard

選ばれる理由を示して「その他大勢」から抜け出そう

tensyoku

よくある「応募条件を満たしているのに落とされた」という嘆きには、こうしたライバルの実態に対する認識の甘さがあるように感じます。

言うまでもないことですが、採用されるためには似たような大勢のライバルに勝ち抜く必要があるのです。

求人広告の応募条件に合わせて記述内容をまとめることは不可欠ですが、実際のところは、それだけで群を抜くのはなかなかむずかしいもの。

応募条件よりも経験年数が多少長い、TOEICの点数が多少高いといった程度では強みにはならず、それこそドングリの背比ベです。

一方、実力レベルが高ければOKというものでもありません。

応募条件を過剰に上回る実力者は、「オーバースペック」として敬遠されることもあるからです。

おすすめしたいのは「業界経験があり出入金のしくみや流れがわかる」など、大勢のライバルとは違うプラスαの強みを示すこと。

採用担当者に「この応募者を選ぶ理由」として情報を提供するのが目的です。

自分の職歴や経験のなかからプラスαを見つけてください。

記述方法も重要です。

採用担当者がひと目でわかるように自己PRとしてまとめるなど、工夫しましょう。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard

応募者はとかくドングリの背比べになりがち

tensyoku

転職を希望する方々に、もうひとつ留意してほしいことがあります。

それは求人広告で集まる応募者にはそっくりさんが多いこと。

採用選考は、とかくドングリの背比べ状態になりがちです。

とくに転職サイトの求人広告の場合は、応募条件が詳細に記されているケースが目立つだけに、その傾向が一層顕著といえます。

前項で述べたとおり、採用側が掲げている応募条件と、応募者側の会社選びの条件の両者に合致する求人募集は、そう多くはありません。

そのため自分と似たような職歴や経験、希望傾向を持つ転職希望者が、同じ転職サイトで求人広告を条件検索すると、同じ求人企業がヒットする確率が非常に高くなります。

たとえば都心勤務の経理事務の募集で、「3年以上の決算実務経験、簿記検定2級以上、TOEIC750点以上、国際会計の知識がある方」といった求人広告ならどうでしょう。

この求人広告への応募者は、ほほ全員が都心への通勤圏に在住し、その応募条件をクリアしているということです。

現役転職コンサルタント

>>>エグゼクティブ転職ならeboard